装備 | ツーリング

装備

日帰り

日帰りツーリング

目的地にて歩いて散策する場合が多いと思いますので、出来る限り身軽な装備が望ましいです。 距離が伸びないので途中でメンテナンスする必要や、故障する可能性が低いので工具も車載工具程度で十分では無いでしょうか。
また雨具は、 防水透湿素材が蒸れなくて良いのですが、一般的なアウトドア用の雨具は歩行を目的としている為にオートバイの乗車姿勢では弛んでばたつきやすく、ズボン裾の長さも不足気味です。 また耐水圧の高い素材を使っていても、ジッパーやポケットから浸水を招く場合が多いので、オートバイ用に製作されたものが望ましいです。
風でばたつくとそこから破れる場合もありますが、防寒のために下に着込む場合があるときはワンサイズ大きめを買う事をおすすめします。


キャンプ

キャンプツーリング

キャンプの場合はテントが必要になりますが、1人用だと荷物を置くスペースがなく窮屈になるので1〜2人分の荷物を置くスペースがあるものを用意しておくと快適です。 最近では、バイクを入れるスペースがあるテントも発売されています。
靴はライダーブーツ等では辛いのでサンダル等を用意しておくといいでしょう。
また自炊する場合はガスタイプのコンパクトなストーブや食器やお皿類が売られているので、一人分何かを作るのにはいいのではないでしょうか。 マスツーリングの場合はキャンプ場に併設されているバーベーキュー場などを利用するのも手です。
虫刺され対策も必要になります。