ツーリングでの注意点 | ツーリング

ツーリングでの注意点

出発前の点検

タイヤの状態を事前に確認することでパンクを防ぐことが出来ます。空気圧、残り溝の2点を確認してください。
またオイルが古くなってると潤滑性能が落ちるので事前に交換しておくと安心です。 またオイルの減りが激しい車両を継ぎ足し用のオイルを持っていくといいでしょう。
2ストロークの場合は銘柄を気にしなければホームセンターやガソリンスタンドで手に入れることが出来ます。 それ以外に、ライト類が正常に点灯するかや、ブレーキの効きやクラッチの切れも確認しておきましょう。
またガソリンタンクが小さい車両は小型のガソリン携行缶を持っておくと安心です。

走行時の注意点

一番大事なのが安全運転です。走りやすい道だとついつい飛ばしぎみになってしまいますが普段と違い荷物があり運転し辛くなっているので気を付けましょう。
また、高速道路を走る場合は暖機運転やクールダウンすることでエンジンへのダメージを防ぐことが出来ます。 長時間走行するとハブベリングが焼きつく場合があるのでハブ部を触って熱を持っていないか確認するといいでしょう。

故障した場合

十分に点検していても故障してしまう場合もあります。気を付けて安全運転していても転倒することもあります
。 故障については自走不可能な場合に備えてロードサービス等に加入しておくと安心です。 転倒した場合にレバーが折れやすいので予備のレバーを用意しておくといいでしょう。
また、メガネレンチを使い曲がったレバーをある程度補修することは出来ますが突然折れる場合があるので、完璧に治そうとするのではなく、ある程度操作できる程度にとどめて置くのが無難です。 ただ無理をすると事故の元になるので早めにロードサービスを呼ぶことをおすすめします。